R-09HR ハンディ・リニアPCMレコーダ
b0118673_17152445.jpg


あれはいつだったか・・
たしか2008年の梅雨の頃。録音するポータブルの機材が欲しくなり買ったのがこのRoland R-09HR 。同年の3月に発売されたばかりで、リニアPCMレコーダーがブームとなる兆しのころでした。当時トップシェアだった製品の後継機で選択肢がこれしかないと言うものでした。

「レコーダー下さい。」
「はいこれ。」

って感じ(^^;)。
ところがこれがなんと言うのかバランスが良いと言うか手に馴染むと言うか、とても使い勝手の良いものでした。たしかに当時ももう少し値段を出せばもっと高性能のものも有ったのですが・・
これにエネループ(充電池)を使い32GのSDメモリーを入れれば・・
○リハーサルの録音
○本番の記録録音
○車中での作曲活動
○ボイスメモ
○資料のリスニング
○練習用
○仕事帰りの癒し用
○音楽プレイヤー
○教材の再生用
○レコーディング用
なんと言うかミュージシャンの僕としては一日中これを使っている訳です。
生まれてこのかたこんなに使い倒した製品は無かったってくらい使いました。
携帯や財布を失うよりこれを無くす方が怖かったですもん。
メモリーの中には、僕が持っているCDをMP3に変換して沢山入れてありました。ディレクトリ形式がPCのフォルダと同じなのでPC上で好きに作った階層をこの機械上でもms-dosの頃の様に扱えました。さらに沢山取り貯めたリハーサルや本番の録音を一旦PCでマスタリングしてそれも入れてある。それから様々な会話も入ってる。自分の鼻歌も入っている。それらを移動中や暇な時に常に聴く訳です。いや、むしろ聴くためにわざわざ景色の良い所に行くとかね。
とにかく僕にとっては凄く大切な機材なのです。
それが故障してしまいました。
年末です。片耳が聞こえなくなったのです。
かれこれ6年近く使いまくった機械。自動車で言えば月まで行く位は使った(笑)。
そろそろ買い替えようと思い、この年末年始に機種選定をしてました。多分、TascamのDR-100mkIIです。音質を考えるとこれしかない。しかしデカイ。R-09HRの様には使えないでしょう。もしくは、TascamのDR-2dの後継機種が出るのを待つか・・
と、ここまで絞り込んでいたのです。その過程でR-09HR自体が時代遅れで今や音質とS/N比も大した事が無いこともはっきりしました。もう後戻りが出来ない。

ところが、正月休み和歌山の実家で暇に明かせて修理を試みてしまったのです。
以下その様子です。


b0118673_17163871.jpg

これは一年ほど前、リハーサル中にベースのペグをぶつけて割ってしまいました。

b0118673_1717477.jpg

今回はこのヘッドフォンジャックの中の接点が曲がっているか、基盤の半田が剥がれたかのどちらかです。聞こえないのはチップ側・・ジャックには先端からチップ、リング、アースの三接点が有るのですが半差しで両方から聞こえる事から故障はチップ側だとの予想です。

b0118673_17175449.jpg

サイドの三つのネジを精密ドライバではずします。

b0118673_17185782.jpg

裏の電池ソケット上部に二カ所のネジ

b0118673_17194696.jpg

これで裏ブタがハズレます。
さらに電池ソケット内部の一カ所のネジ

b0118673_1720301.jpg

これで、電池ソケットとマイクのマウント部、ヘッドフォンアンプ部がユニット毎ハズレて、さらに、ソケットが二カ所のネジでユニットとつながっているのを外すと基盤とソケット、マイク部が全部ハズレます。この時マイクを基盤へつないでいるジャックも外す。それからメインのCPUユニットとつないでいるバス・パラレルのソケットも外す。

b0118673_1722422.jpg

バラバラ。

b0118673_172497.jpg

これがマイクのケーブルとジャック
この銅の薄板はELディスプレイのノイズ対策用のシールド板でしょう。

b0118673_1725832.jpg

ヘッドフォンアンプとマイク用のヘッドアンプが乗った基盤。
ヘッドフォンを挿してあります。
手前右の白い長いパーツがCPUユニットとのバスケーブルのソケット。

b0118673_17255940.jpg

さて、見た所基盤上の半田は外れてません。残念ながら実家にテスタが無いためちゃんとしたチェックはせずです。
たぶんこの穴の中のチップ用の接点が恐らく曲がっているんです。
目打ちを差し込んで少しこじって曲げます。
ほんの少しだけ曲がりました。あまり手応え無し。
さてと・・・
組み立てます。マイクユニットと電池ソケットがどうやってつながっていたか記憶が無くしばし思考。設計した人がこう発想するだろうと予測をたてて組み立ててみる。成功。
銅板のシールドがしっかりディスプレイの上にくる様にし、最後まで組み上げ、チェック。

はぁ・・・あっさり直ってしまいました。シマッタ・・

もう、この機種は過去のものでと判断してしまっていたのに。さて、どうしよう。
TascamのDR-2d の後継機種を待ちますか・・・
DR-100mkIIはデカ過ぎる。多分僕の右腕にはならない・・
ああ、どうしよう。
ねえ、どうしましょうか。
[PR]
by xou99 | 2013-01-04 17:30 | 色々と、 | Comments(2)
Commented by 小野あづみ at 2013-01-12 18:59 x
♡♡
目が♡です!
Commented by xou99 at 2013-01-15 00:11
♡ですか(笑)
この手の記事って意味が有るのかとも思えますよね。
たんなる自慢じゃないのかと・・ね。
でもね、自分がgoogleで調べる時に日本中の修理記事から色んな情報を得られるのがもの凄く有り難いのです。
ノートパソコンの修理とかだと各機種毎の分解手順が写真付きで見つかる。最近のデジタル機材はネジだけではなくコジッたりする部分が多いので、どこが力を入れていい所なのか分かるのがとても有り難い。
それとデジタル製品は基盤上で故障する事が案外少ないので修理の可能性が実は高いんです。基盤上で故障が有る場合は修理の可能性が少ないから諦めやすいし。
でもね、買い替えようと思っていたのに治ってしまったら新しいの買えない。それが悲しくて。
<< 弦交換 新年 >>