啓蟄
啓蟄です。
冬が終わり、虫が這い出す頃。

家に帰って玄関の扉を開けようとしたら羽虫が飛んでいました。
あと、お風呂に入ろうとするとどこかから地虫が這い上がってきている。
もう春ですね。

それで、実は先ほど天文学的な啓蟄の瞬間でした。
今年は閏年なので3月5日13時21分
冬至から始まる24節季の5つ目。5/24年たった日。
天球上の345度の地点を太陽が通過する瞬間。
345度と言うと大体うお座です。さっき午後1時21分頃に太陽はうお座の前に居ました。
もちろん明るいから見えませんけど。けど、確かに昼間の星がそこに有るのです。
逆に太陽がそこにあると言う事は、いまはうお座の誕生月ですね。
結構知らない人、多いと思います。
つまり僕は乙女座なので僕が誕生日を迎える頃に、太陽を見上げればそこに乙女座があると言う事です。
絶対見えませんね。逆に少し外れると、夜明け前とか日没後に太陽のそばでその星座を見つけられると言う事です。

あと、今日は水星が東に最大離度、太陽が沈んだ直後しばらく西の空の低いところに見えます。

それに金星と木星はどんどん接近中。今月の13日には最接近です。楽しみ、光度3位4位の星がこんなに近づくとは・・・しかも、東の空には火星、南にシリウス。他にもメジャーな星が揃い踏みです。
13日は和歌山の潮岬、本州最南端に行こう。絶対行く。実は自主春休みを作ってあるのです(笑)。
[PR]
by xou99 | 2012-03-05 14:28 | 色々と、
<< 春の生石山 春の嵐? >>