夏の夜空

久しぶりで一人で実家に帰ってます。

来週の生石高原でのジャズ・フェスの音響の打ち合わせが明日あるのですが、
この3日間たまたま休みになったので、一人でのんびり梅雨明けの故郷を満喫して帰ります(笑)。

さて、夜の10時に実家到着直前、田んぼの際に車を止めて、見上げると星の綺麗な事。西に夕月が沈みつつ東北の空には夏の大三角。相変わらず織姫と牽牛は天の川の岸辺で生き別れ。白鳥座は銀河の中を悠々と飛び回ってる。
運転中だったので気がつかなかったけど8時頃の西の空には金星と火星と土星の大競演が見えたはずです。
さて、南の空に目を移せばなんと、さそり座が大きく横たわっています。夏の夜空のさそり座。子供の頃からいつも南の空に輝いていました。独特の釣り針の形。アレ、なぜ懐かしいのかなぁと考えてみれば、実は止々呂美からは見えないのです。
止々呂美の南は山なので、残念ながら南の空のさそり座は見えません。おまけに南の空は明るすぎるし。
なんだか久しぶりのさそり座にホっとした気分で久しぶりの実家に到着しました。

明日の夜はもっと南の紀伊山脈に行って天体観測でも行ってこようかな。
誰か行きませんか。一人だと暇だぁぁ(笑)

そうだ、そろそろ東の空に木星が出てるはず。ちょっと見てきます・・・・・

出てました、出てました。東の空にもうずいぶん高くなってる。
夏の大三角も天頂です。
しかし実家からは天の川がはっきり見えないなぁ。子供の頃は恐ろしいほどの星の数だったのに・・
そらが明るくなったのかなぁ、それとも僕の目が悪くなっただけなのかなぁ・・・・
[PR]
by xou99 | 2010-07-18 01:19 | 色々と、
<< 帰省二日目 仲さん >>